睡眠障害に効く快眠グッズについて

睡眠障害を改善!眠れるサプリメントの選び方や有効成分は?


睡眠障害は深刻な悩み。医師への相談や快眠グッズを試みた方も少なくないのでは。ただ、もっと効果的かつ気軽に試すことができる方法があるのです。
それはサプリメントの使用。これから詳しく紹介しますので、参考にしてください。

・選び方のポイント

睡眠サプリメントの選び方には、3つのポイントがあります。

①成分表示の確認

成分や含有量の明記の有無を確認しましょう。万が一に備えて、メーカーの連絡先が記載されているサプリメントを選ぶと安心です。

②価格の確認

睡眠サプリメントを日常生活に取り入れるためには、継続購入できる価格であることも重要ポイント。価格の確認は必要不可欠です。

③常飲薬との相性の確認

一部の睡眠サプリメントには、他の薬の効果・効用を低下させるものもあります。

常飲薬がある場合は、睡眠サプリメントとの相性をよく確認するように。医師に相談することが有効策です。

・注目の有効成分

テアニン

緑茶のうま味成分でもあるテアニンは、アミノ酸の1つです。

疲労・睡眠改善をはじめとして、ストレスの抑制やリラックスなどに作用することがわかっています。

緑茶に含まれるカフェインが苦手な方には、テアニンだけを抽出したサプリメントがおすすめ。就寝前に飲んでも問題ありません。

クワンソウ

九州南部から南西諸島に自生しているクワンソウ。

沖縄では昔から不眠症に効果的と伝えられ、食物に取り入れられています。

眠りを深めて睡眠の質を高める効果があるとのこと。

クワンソウの成分がお茶やサプリメントに入っている商品を探してみましょう。

ラフマ葉エキス

身体に負担をかけず、快眠に必要な成分のメラトニンを作る材料であるセロトニンを増やせると言われています。

イライラしているときや睡眠前の摂取がおすすめ。

落ち着いて、ゆったりした気分へと導いてくれます。

薬との相互作用が少ないのでラフマ葉エキスは、安心できる成分といえます。

清酒酵母GSP6

日本酒を作るときに使われる酵母が清酒酵母。

その中でも、生命力が特に強い成分が清酒酵母GSP6です。

清酒酵母GSP6には、睡眠の質を向上させる作用があります。成長ホルモンの増加にも効果的な成分です。

・どんな商品があるの?

数ある睡眠サプリメントのなかでも、グリナ、グッスミン、リラクミンSeは特におすすめです。

グリナ

安眠に効果が高いというグリシンが主成分で、すばやく深い眠りにつくことができます。

昼間の眠気も出にくいと言われています。疲労感も和らげてくれます。

グッスミン

グッスミンには清酒酵母GSP6が含まれています。

しっかりと深く眠れることで、スッキリとした目覚めが期待できます。

リラクミンSe

リラクミンSeは、心の不調や睡眠不足を感じたときにおすすめのサプリメント。

ラフマ葉エキスとギャバにクワンソウ、さらに5種類のビタミンB群が含まれています。

ぐっすりと眠れて、心と体を快適かつポジティブに整えてくれます。

・服用の注意点

上質な睡眠を得ることを目的として、サプリメントのみに依存するのはあまりおすすめできません。

睡眠サプリメントは健康補助食品。

あくまでも上質な睡眠のサポートが役割なのです。

高い効果を得るためにも、以下の3つの注意点を心掛けましょう。

①睡眠サプリメントを常用する際、心がけることは規則正しい食生活。睡眠サプリメントはあくまでも健康補助食品なのです。

②持病がある方は、主治医への事前相談をお忘れなく。

③体調悪化の際は、即座に使用を中止するように。

・効き目はゆっくり

睡眠薬、または睡眠導入剤などの即効性がある医薬品を使って不眠対策をしている方も、睡眠サプリメントは気になりますよね。

依存性や副作用が少なく、安全性の高い睡眠サプリメントがあればすぐにでも試したくなるのではないでしょうか。

ただ残念ながら睡眠サプリメントでは、睡眠薬のような効果は感じられないでしょう。

健やかな眠りを得ることが、睡眠薬の目的です。

睡眠サプリメントの場合は、スムーズに睡眠できる体質への改善が目的となります。

使用直後に睡眠効果が表れるものではありません。

体質を変えるのにはどうしても時間がかかるので、睡眠サプリメントは継続して使うことが大切です。

効果の実感には個人差があるので、様子を見ながら試してみてはいかがでしょうか。

食事から栄養素をバランスよく摂取するのは難しいですよね。

もしも、質の高い睡眠を求めるのであれば、不足しがちな栄養素を睡眠サプリメントで補うようにしましょう。

ただし、あくまでも睡眠サプリメントはサポート食品。

サプリメントに頼りきってはいけません。

規則正しい生活を心がけ、定期的に運動を行って心身を整えましょう。

ストレスのない睡眠を得るためには、ライフスタイルの改善が大切なのです。

睡眠障害は深刻な悩み。医師への相談や快眠グッズを試みた方も少なくないのでは。
ただ、もっと効果的かつ気軽に試すことができる方法があるのです。それはサプリメントの使用。これから詳しく紹介しますので、参考にしてください。

・選び方のポイント

睡眠サプリメントの選び方には、3つのポイントがあります。

①成分表示の確認

成分や含有量の明記の有無を確認しましょう。万が一に備えて、メーカーの連絡先が記載されているサプリメントを選ぶと安心です。

②価格の確認

睡眠サプリメントを日常生活に取り入れるためには、継続購入できる価格であることも重要ポイント。価格の確認は必要不可欠です。

③常飲薬との相性の確認

一部の睡眠サプリメントには、他の薬の効果・効用を低下させるものもあります。

常飲薬がある場合は、睡眠サプリメントとの相性をよく確認するように。医師に相談することが有効策です。

・注目の有効成分

テアニン

緑茶のうま味成分でもあるテアニンは、アミノ酸の1つです。

疲労・睡眠改善をはじめとして、ストレスの抑制やリラックスなどに作用することがわかっています。

緑茶に含まれるカフェインが苦手な方には、テアニンだけを抽出したサプリメントがおすすめ。就寝前に飲んでも問題ありません。

クワンソウ

九州南部から南西諸島に自生しているクワンソウ。

沖縄では昔から不眠症に効果的と伝えられ、食物に取り入れられています。

眠りを深めて睡眠の質を高める効果があるとのこと。

クワンソウの成分がお茶やサプリメントに入っている商品を探してみましょう。

ラフマ葉エキス

身体に負担をかけず、快眠に必要な成分のメラトニンを作る材料であるセロトニンを増やせると言われています。

イライラしているときや睡眠前の摂取がおすすめ。

落ち着いて、ゆったりした気分へと導いてくれます。

薬との相互作用が少ないのでラフマ葉エキスは、安心できる成分といえます。

清酒酵母GSP6

日本酒を作るときに使われる酵母が清酒酵母。

その中でも、生命力が特に強い成分が清酒酵母GSP6です。

清酒酵母GSP6には、睡眠の質を向上させる作用があります。成長ホルモンの増加にも効果的な成分です。

・どんな商品があるの?

数ある睡眠サプリメントのなかでも、グリナ、グッスミン、リラクミンSeは特におすすめです。

グリナ

安眠に効果が高いというグリシンが主成分で、すばやく深い眠りにつくことができます。

昼間の眠気も出にくいと言われています。疲労感も和らげてくれます。

グッスミン

グッスミンには清酒酵母GSP6が含まれています。

しっかりと深く眠れることで、スッキリとした目覚めが期待できます。

リラクミンSe

リラクミンSeは、心の不調や睡眠不足を感じたときにおすすめのサプリメント。

ラフマ葉エキスとギャバにクワンソウ、さらに5種類のビタミンB群が含まれています。

ぐっすりと眠れて、心と体を快適かつポジティブに整えてくれます。

・服用の注意点

上質な睡眠を得ることを目的として、サプリメントのみに依存するのはあまりおすすめできません。

睡眠サプリメントは健康補助食品。

あくまでも上質な睡眠のサポートが役割なのです。

高い効果を得るためにも、以下の3つの注意点を心掛けましょう。

①睡眠サプリメントを常用する際、心がけることは規則正しい食生活。睡眠サプリメントはあくまでも健康補助食品なのです。

②持病がある方は、主治医への事前相談をお忘れなく。

③体調悪化の際は、即座に使用を中止するように。

・効き目はゆっくり

睡眠薬、または睡眠導入剤などの即効性がある医薬品を使って不眠対策をしている方も、睡眠サプリメントは気になりますよね。

依存性や副作用が少なく、安全性の高い睡眠サプリメントがあればすぐにでも試したくなるのではないでしょうか。

ただ残念ながら睡眠サプリメントでは、睡眠薬のような効果は感じられないでしょう。

健やかな眠りを得ることが、睡眠薬の目的です。

睡眠サプリメントの場合は、スムーズに睡眠できる体質への改善が目的となります。

使用直後に睡眠効果が表れるものではありません。

体質を変えるのにはどうしても時間がかかるので、睡眠サプリメントは継続して使うことが大切です。

効果の実感には個人差があるので、様子を見ながら試してみてはいかがでしょうか。

食事から栄養素をバランスよく摂取するのは難しいですよね。

もしも、質の高い睡眠を求めるのであれば、不足しがちな栄養素を睡眠サプリメントで補うようにしましょう。

ただし、あくまでも睡眠サプリメントはサポート食品。

サプリメントに頼りきってはいけません。

規則正しい生活を心がけ、定期的に運動を行って心身を整えましょう。

ストレスのない睡眠を得るためには、ライフスタイルの改善が大切なのです。